合宿免許とは?


合宿免許とは宿泊施設を利用しながら、泊まりがけで運転免許の教習を受けることです。宿泊施設は全国各地に点在し、居住地に関わらず自分の好きな場所を選ぶことができます。施設はホテルや旅館、寮など教習所によってさまざまです。

最近では女性専用のシングルルームを設けているところもあり、女性一人でも安心して入所ができるよう配慮がされています。合宿免許を行う教習所は20年以上前から存在していましたが、合宿免許人気の高まりを受け、サービスの質は年々上昇傾向にあります。

入所に際して必要な持ち物があります。まず印鑑、有効期限内の本拠地が記載されている住民票が必要です。住民票はマイナンバーが記載されていないものを用意してください。併せて公的身分証明書が提示必須となります。健康保険証、パスポートなどがそれにあたります。コピーは不可となりますので、原本を用意しましょう。必要な方は眼鏡やコンタクトレンズを持参してください。

連泊での教習となるため、着替えなどの支度もしなければなりません。運転するときのことを考え、動きやすい服と歩きやすい靴は必須です。露出の高い服やピンヒールなどはNGとなりますので、女性の方は注意してください。滞在日数分の着替えを持っていくのは大変ですので、3~4日分の着替えにとどめ、現地で洗濯をするとよいでしょう。

他には筆記用具、洗面用具、薬など普段の旅行と変わらない準備を行いましょう。長期滞在となりますので、キャリーバッグにすると荷物もたくさん入る上、移動も楽になります。万全の備えをして、合宿免許に参加しましょう。